社内開発システム紹介(生産情報システム)

A社様の目標生産数等の数値をクリアする為に作成しました。

入力工数を減らすように在庫管理システム・修理支援システムと連動して動作させています。障害発生時は各システム切り離して動作するようになっています。

現場担当者・作業者が現在の生産性が分かるようにラインに配置して、現在の状況の把握をしやすくし作業目標を立てやすくしています。

A社様用生産情報システム

A社の生産情報を部品管理システム・修理支援システム(WEB)と連動して現物の流れをより正確に判別し現在の生産情報を照会できるようにしています。

また蓄積されたデータをもとに管理者が各作業者単位での対策を行います。

A社様用生産情報情報システム

この画面では作業者単位の現時点での完了台数、作業に遅れがでている(製品に応じて設定した作業時間をオーバーしている)作業者等が表示されるので、現場管理者が確認していて作業確認に行きます。

A社様用生産情報システム

A社のお客様からお預かりしている修理品の現在の在庫や現物状況の確認を行います。

A社様用修理生産状況システム(看板)

A社様からの目標生産数をクリアする為に、現在状況がどのようになっているかを現場で確認しやすくするためにラインの数箇所に設置し作業を行っています。

A社様用時間別目標達成グラフ(看板)

A社用生産状況画面と同様に時間ごとの目標台数と目標値に対する実数がグラフ化され表示されます。

グラフは時間ごとに定期的変わっていきます。

グラフ化する事により、現場で直感的に分かりやすくすることを目的に作成しました。

部品出庫作業(A社様用)

A社ラインの数箇所に看板が設置されています。(写真右側)

画面中央・左側は、在庫管理システムです。

修理作業者が各自部品の出庫を行います。

A社の修理は、各修理担当者が部品棚から部品を各自持ち出す形式をとっており、必要項目を入力(バーコード読み取り)を行い出庫しています。

部品を出庫した時点で生産管理システムに作業開始時間が登録され、現物状況が仕掛りへ変わります。

A社様用修理支援システム(WEB)

ここでは詳細お見せできませんが、WEB画面で作業ミスの起きやすい項目のチェックを行い修理を行います。

在庫管理システムとも連動しているので、各自出庫した部品の履歴(修理品ごと)の参照を行います。

また生産情報システムとも連動しているので、修理の完了日・時間等が記録され現物状況が変更されます。

この作業が終わることで、生産性状況画面(看板)の完了台数が変化します。

他システム

>>修理顧客情報システム

>>在庫管理システム

お問合せについて

お問合せはこちらから

サンニクス株式会社

〒390-1401長野県松本市波田9949-1番地

TEL:0263-92-2455

FAX:0263-92-4260

担当の大月までお気軽にご連絡下さい。