社内開発システム(在庫管理システム)

A・B・C・D者様の修理部材等をお預かりしていますので、社内で在庫管理システムを開発して在庫管理を行っております。

各修理現場等の作業に応じてベースのシステムをそれぞれカスタマイズしています。

また在庫切れ等で修理業務が行えない事が無い様に発注品目がある場合はシステムが起動していない場合等でもメールで発注品目リストが送信されるようにしてあります(B・C・D社)

在庫管理システム

画像による現物確認

A・B・C・D社ごと作業内容に応じてベースになるシステムをそれぞれカスタマイズしています。

各社様ごとの業務の変化による収集データの変化に合わせてバージョンアップ等の対応を随時行っております

また最小人数で業務をこなせるように、入力効率を考えバージョンアップを行っております。

在庫照会画面は、部品画像を登録して、現物と部品データの確認をしやすくしています。

修理部品出庫画面(B社用カスタマイズ)

出庫ミスの軽減

B社修理部門では、作業上PC設置および入力が不可能な為、修理・顧客情報システムで使用した部品を入力すると部品管理システムに出庫予定データとして登録されます。

修理完了時に現場担当者が受付Noごと(各修理品ごと)に部品を一括引き落としして出庫します。

また引落し終了時に発注点を下回っている部品リストがピックアップされてコールセンターPCにメールで配信されます。

B社用修理部品出庫画面

要部品発注確認メール(B・C社用カスタマイズ)

メールによる発注確認

B社の場合は、修理部材を中国へ発注している為かなりのリードタイムが必要となる為、発注遅れや発注漏れが無い様に確認が必要な品目のリストがメールで担当者配信されます。

またA・B・C・D社ともに部材等の入荷時には、入庫画面にて入庫作業を行っております。

部品発注メール

製品出庫画面(C社用カスタマイズ)

バーコード使用による出庫ミスの軽減・作業効率化

修理顧客情報システムの販売画面で登録された製品データが出庫予定データとして登録されます。

修理顧客情報システム(販売画面)で出力された納品書をもとにピッキング作業を行います。

出荷ミス等が無い様に納品書と現物を確認後、端末の出庫予定データ照会を行い引落し作業を行います。

出庫担当者が倉庫よりピッキングしてきた商品バーコードを読み取り、出庫予定データと照会を行い数量等の間違いがないことを確認して出庫作業を行います。

C社用製品出庫画面

A社様用修理生産情報システム

生産管理

A社様の目標をクリアする為に、蓄積したデータを下に生産状況・修理作業者の各生産情報等のグラフ化を行っています。

現場管理者が生産計画等に使用しています。

また現場作業者に対しては、作業時間・生産台数等を見ながら、適切な目標値の設定や作業アドバイス等を行っています。

A社様生産情報システム

詳しくはこちら

A社様時間別目標達成グラフ(看板)

生産管理

当日の修理目標(生産台数)を入力することにより時間別の目標台数が設定され(赤色範囲)、目標に対する達成数が青色の範囲のグラフで表示されていきます。

現場管理者・作業者は、目標に対する達成率を参照しながら、作業の遅れ等の確認を行っています。

また作業終了時には、時間帯によって生産性の落ちる時間帯や生産性の落ちた時間等の確認を行い業務に役立てています。

A社様時間別目標達成率グラフ

詳しくはこちら

A社様用修理支援システム(WEB)

作業効率の向上・作業ミス軽減

A社の修理作業の支援用として、作業ミスの起こりやすい箇所等を表示して作業ミスの軽減の軽減を図っています。

また在庫管理システムとも連動し、各修理担当者が出庫を行ったデータの確認を自ら行います。

生産情報システムとも連動しているので、各自現在の生産性の確認・現場管理者が設定している目標値(生産数等)に対する達成率を確認しながら作業を行っています。

A社様用修理支援システム

CMS(コンテンツマネジメントシステム)

情報共有

社内各部署の連携がスムーズに行えるようにCMS(コンテンツマネジメントシステム)を導入し、各部署(各サービスセンター)がブログ等の書き込みを行い情報の共有を図っています。

メーカー様との情報共有にも使用しております。

コンテンツマネジメントシステム(写真入れ替え)

ncl-net(写真追加予定)

C社様製品販売オンラインショップ

WEBによる販売促進

C社様製品の販売促進の一環として、オンラインショップを製作・運営しております。

販売促進につながるよう、カード決済の導入・ブログ運営・Twitterの運営も行っております。

またオンラインショップのコンセプトにあてはまる製品の仕入れを行い、販売も行っております。

オンラインショップ(写真入れ替え)

環境保護への取り組み

ペーパーレス化

FAX等の送受信時に出力される紙をなるべく減らす取り組みを行っております。

富士ゼロックスDocuWorksを導入してFAXの送受信時に使用される紙を電子化し、紙の使用を最小限に抑える努力を行っております。

写真入れ替え

お問合せについて

お問合せはこちらから

サンニクス株式会社

〒390-1401長野県松本市波田9949-1番地

TEL:0263-92-2455

FAX:0263-92-4260

担当の大月までお気軽にご連絡下さい。